何かを犠牲に俳優おたく

2〜3次元を彷徨う永遠のにわか

捻じ曲げられる物語(キャス変と脚本について)

 

メサイアシリーズの盛大なネタバレを含みます

 

メサイア月詠見てきました〜 今期はジョカトラが本命なのでジョカトラが始まる前に。

 

暁乃刻を最高と思っているオタクなので、それ以降のシナリオは「うんうんメサいね〜」って感じに受け止めてるんですが(推しがもうシナリオにも居ない、のもあり)今回の月詠はちょっとモヤっとする所が多くて。

 

もちろん!役者さんの演技は今回も身を削ってるなあ…って感じでした。杉江くん演じる加々美の声から無邪気さが作品を重ねて行くごとに消えていくので「これが…サクラか…」となっています。

 

 

メサイアは、キャスト変更をしないシリーズですよね。

 

 

キャス変をしないことによって、キャストの都合がつかないキャラクターは、どうしてもストーリーから排除される。

暁の推し(悠里)のように、月詠の有賀のように。

 

暁至上オタクですけど、生で見たとき、DVDを見返したとき、何度だって思いました。

「推し(役者)が出演できていたら、もっと、もっと推し(キャラクター)の話がみれたのに。」

…「キャス変があったら、推し(役者)はみられなくても、悠里の物語は見れたのに。」とか。

チェーカーの交渉を断って、白崎を助けるために奔走して、きっと覚悟を決めた顔で脳を摘出する決断をするシーンとか。電子の海でネクロマンサーと戦って主導権を手に入れて、白崎にプログラムの中から声を届けるシーンとか。ラストの悠里(仮)が白崎と共に立つシーンでも、推しが出演することで、もしくはキャスト変更があることで、きっと違う表現ができて、違う物語が出来ていた。

 

今回の月詠にのめり込めなかった理由は、有賀が出演できてないからしょうがないんですけど、(すぐ捕まるし)有賀が何がしたいのか・どんな心情なのか。想像力が足りないのかもしれませんが、私には読めなくて。(それ以上に小太郎と万夜がお互いを信仰していた根拠がびみょ〜〜に伝わらなかったことも大きいんですけど。小太郎の「居場所」にまつわる家庭事情とか説明不足感が…)あんまり心に来なかったんですよね。名付けの話と、ミコトノリパワーが効かない、太陽と月の泥沼三角関係は「も〜〜高殿先生なんでこんなこと考えちゃうの〜〜(好き)」って感じでしたけど(笑)

 

 

何が悪いとか、推しや井澤くんや、キャスト変更があって誰かが出演できたら生まれたかもしれない物語が正しい物語だとか、そう言うつもりはありません。実際に作られたものが全てで、ifは個人が妄想するしかありません。キャストを責めるつもりも、キャスティングを責めるつもりも無いです。(逆に一人欠けた程度で揃えることができていることのほうが凄いなって思います。)メサイアなんて特に、キャラクターと役者本人がギリギリまで重なることで生まれている演技があると思うので。

 

 

結論がないまとまらない記事なんですけど、最近そんなことを考えながら観劇しています。モヤる。

 

 

おやすみ、よい夢を。

※相変わらずぽえじ~~~頭お花ばたけ

 

終わりましたね、終わりました。

明確にタイトルを名指しすることは控えて・・・(この後曲名とか役者名が出ますが・・・)でももう、幕張公演からちょうど1週間たったのですね。

 

好きでした。彼も、彼が演じるキャラクターも、作品も好きでした。

運命みたいな出会いでした。自分語りになりますが、この作品の2作目に誘ってくれたのは人生の半分以上を一緒に過ごした友達で、原作も知らなかったし、2.5だって片手で数えられる回数しか観に行ったことがありませんでした。

 

いい方向になのかは正直わかりませんが(笑)そこから人生が変わって、同じ公演生で10回も観に行くのなんて予想もしなかったし、物販8000円特典がなぜか手元にじゅ、じゅうまい近くもあったりとか・・・アルバム見開き同じトレブロで数ページ埋めたりとか、1日しかない公演日に高いスタンド出したりとか、毎公演お手紙書いたりとか。

 

とっても幸せだった1年半。長いように感じるけど、おたくとしては短いし、大して強火でもないですね。

 

LIVEの感想。

もっとMC、寸劇入れてくると思ってた。ほんとにぶっ続けで歌っててびっくりした。

うちわはなにこれwって感じだったけど案外見られてて。

一番感動したのは、1作目の曲を歌ってるときに、ほんとに上手くなったんだなあって実感したことです。私は1作目は生で見ていないのですが、CD聴き込んでたので・・・

バンナムが関わってるせいか、カメラワーク(ニコ生見ました)とか、ライト・レーザーの演出とかは今までより格段に良かった。音響は詳しくないので批判とかは控えますが、推しが自分でマイクの調整とか、トラブってるとき声入らないようにしたりしてる、そういうところが!!!!!好きやねん!!!!って感じです。

生バンドはすっごい良かった!!!!ありがとうバンドさん!!!特にキーボードさんがよかった。もっと音量おっきくても良かった。ニコ生ぐらい聞こえてくれてよかった(生だと聞こえにくい)

一個だけ文句言うなら、羅針盤メイドインチャイナ や っ て く れ!

あと新大陸のテンポ落としたせいでノリづらかった。(文句二個目)

 

 

そのほかの感想。あの荒れてた(らしい)カテコでの推しさんの言葉とか。

 

全通したんですが、1日目ちょっと泣いてたことすらびっくりしました。まじかって。

大阪大千秋楽ね。わたしは、何が何だかわからないけど、辛くて、「もうやめて・・・言わないで・・・」って気分でした。

笑えますよね。ド新規ですよ。テニミュとか、もっとずっと推している人の方がずっと、たくさん思うことがあるはずです。

 

何で言わないで欲しかったって、ほんとに決まってる舞台のお仕事が今日でおしまいで、えーすりーも結局出なかったし、謎の刀観劇ツイをしながらも刀出なかったし、このさきどうするのかな、ほんとにもう、役者はやめちゃうのかな、って日だったんですよ。

希望が欲しかった。この最後の日に、「今も俳優の」推しとしての言葉が欲しかった。「元俳優、現声優」となってしまうのが怖かった。

 

ここまであった「声優」としての現場は、多分全部行ったんですけど・・・そもそもとしての「声優イベント」のノリがあまり好きでなくて。ちょっと降りかけてたし、正直に言って、このLIVEの同じステージ上に、次推そうかなって考えている人が複数居ました。全員が踊ってたりするときはその人たちを見ようって、決めてたはずでした。

 

でもやっぱり、推しさんが好きだった!歌もダンスも、役へのなりきり方も、きっとあの中で一番上手いわけではなくて。でも自然に目が惹きつけられる。

推しさんは何もしてないんですけど私の勝手な感想で、ああ、そういうとこずるいなって思いました。

 

大千秋楽の言葉。きっと、彼の言葉も、1時間とかいう馬鹿みたいな長さのカテコも、褒められたことではないし、言わない方が、やらない方が良かったことだと思います。

言っちゃ駄目だった、ということではなくて、いつもの通り役を残したままのあっさりとしたカテココメントの方が、何事も起こさなかった方が、板の上にいて、仕事中の人間としては「良い」選択じゃないかなあ、とは思いました。

ただまあそれは、レポで判断した(言い方が悪いですが)部外者の方も、現場に居た私たちファンも、とやかく言えることではないので、運営のえらい人、スタッフさん、マネージャーさんとかの判断や指導にゆだねるべきじゃないかなって。

直接指導をして、行動を変えさせるのは私たちの仕事ではないかなあって。なので、私はあの言葉、1時間のカテコを「聴けて良かった」としておきます。

 

 

彼の言葉に関して、ひとつだけ。

 

推しくんを推している中で、ずっと不安だったことがあります。

過去作は入手できない物を除いて、ほぼ見ました。一番ヘタミュの役が好きでした、DVD見た回数も段違いだと思います。

それが、私は「推し」じゃなくて「キャラクター」が好きなんじゃないかってどこかで思ってました。

だって正直彼の演じたキャラクター、2次元オタクの時に出会ってたら絶対推しキャラになってた。心当たりがありすぎる。

しかも、最近気づいたんですがヘタミュで推す前に一回推しを別の場所で見てたみたいで。

何でヘタミュで好きになったのかなあって考えて、答えが出なくて。

 

こじつけかもしれないけど(2作目主演っぽくて目立ってたって所もあるし・・・)今回答えをもらいました。

 

きっと彼が心の底から楽しいと感じながら演じてたから、だからきらきらして見えたんだなって思いました。

 

 

 

さて。

決めました。一旦、わたしもヘタミュとともに、推し事はすこしおやすみします。

ヘタミュほど長く眠るつもりはないです(笑)長くても1ヶ月。既にとってるチケットもあるんで。

 

推しさんも、おやすみなさい。

声優が、夢だったんですもんね。一旦板の上からおやすみして、夢をみて、夢を追いかけて、現実にしてください。

私はあなたの何でもないですけど、成功を祈っています。

 

どういう形かはわかりませんが、必ずまた観に行きます。

 

2017年の舞台振り返り

 

生きてました。ブログはめちゃめちゃサボってたんですけど推しごとはまあまあ続けてました。

年明けてまだ2週間と少しなのが信じられませんがいまのうちに2017年を振り返っておこうかと・・・完全に自分備忘録ですが2017年1番だった!!!な舞台セレクションとか書きました。

 

 

時系列順観劇記録(各タイトルふわっと書いてるのはお許しください)

 

あんさんぶるスターズ!オン・ステージ~Take your marks!~

舞台「おそ松さん」Six men's show time

斬劇「戦国BASARA関ヶ原の戦い

舞台「メサイア」暁乃刻

テイルズ オブ フェスティバル(一日目)テイルズ オブ ザ ステージ

舞台「黒子のバスケ」OVER DRIVE

Fate/Grand Order  THE STAGEー神聖円卓領域キャメロットー(夏公演)

ミュージカル「ヘタリア」~in the new world~

劇団番町ボーイズ第九回本公演「甘くはないぜ!2」

舞台「メサイア」悠久乃刻

王室教師ハイネーTHE MUSICALー

あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ

劇団シャイニング「マスカレイドミラージュ」

Fate/Grand Order  THE STAGEー神聖円卓領域キャメロットー(秋公演)

舞台「文豪ストレイドッグス」(神奈川)

STAGE FES 2017-2018

 

 

タイトル数で考えればそんなに見ていないな、といった感想です。

刀剣乱舞関係を一切見てないのも笑った。昔好きだったのになあ。

 

 

以下謎のセレクション

・一番他の人におすすめしたい作品

・一番泣いた作品

・一番辛かった作品

・一番楽しかった作品

このあたりでいきましょう。

 

 

・一番他の人におすすめしたい作品

劇団シャイニング「マスカレイドミラージュ」

まったくうたのプリンス様方も、キャストさんもそんなに詳しくなく・・・で行きましたが、久々に推し抜きで、もう一回見たい!DVD欲しい!ライビュ行きたい!となりました。

好きなのはもうほんと全部なんですが、特に衣装へのこだわりと、脚本が好きでした。演技もすばらしかった!

最初に抱いていたイメージをいい意味で裏切られました。

豪華な衣装でもキレイに動く役者さんたち、ギャグに身内ネタが無く、シリアスとのバランスもよくて、歌もストレス無く聴けて、ストーリーの閉め方も(個人的にですが)好みでした。

再演か、続編見てみたいなあ。

 

 

・一番泣いた作品

舞台「黒子のバスケ」OVER DRIVE

(((懐古厨的な涙です)))

この作品も、もう一回見たい!DVD!ライビュ!となりましたが、これはほんとに原作オタクだったからこそなのかなあとか。俳優おたくの皆様が原作知識無く見たらどう思ったのかちょっと気になる。

ブログにも書きましたがOPEDダンスが大好きで大好きで。

お願いだから秀德VS洛山までやってください本当に土下座でも何でもします。

別視点だといいな~と思ったのが物販ですかね。ランダムがほぼ無くて学校セットとかで買えるのいいな~と。

 

 

・一番辛かった作品

舞台「メサイア」暁乃刻

どういう風に辛いかというと、舞台上で今起こってることを見るだけでも苦しいのに、予想できてしまう先の展開に更に首を絞められていく感覚。

キャラ名しかわからずに行った私ですらそうでした。

客席の呼吸数がどんどん浅く少なくなっていく感じ(やばい)、クライマックス的シーンでは息もできない(呼吸しろ)、といった感じ。

DVDだとそこまでひどくもないかもしれませんが、生の赤澤燈くんの演技がすごいなあと思いました。彼が、彼こそが主演で主人公でした!

余談ですがすごく燈くんの名前と演じるキャラクター名の語感がにてる。しかも赤澤⇔白崎って対義語っぽい。何が言いたいって見た直後(燈くんに詳しくなかったので)めっちゃまざったってことです。

ただ、語感がにてることも相まって、燈くんと白崎がぎりぎりのラインまで重なったからあんなに辛くきれいな舞台だったのかな、なんて。

次のメサイアは卒業後サクラメインらしいですけど、いつかメサイアでなかったキャラ2人がメインになる舞台も見てみたい。有賀+白崎とか、颯真+鋭利とか。無理そうだけど悠里+加々美とか。(私の願望)

 

 

・一番楽しかった作品

STAGE FES 2017-2018(二部)

作品と言っていいのかはよくわかりませんが。

最初発表されたとき「なんだこれ」でしたが、いざ年越ししてみればめっちゃ楽しかった。

一部もみましたがだんっぜん二部の方がたのしいですね。それぞれの舞台終わった後の、わっちゃわっちゃしながらライブしていくのがサイコー!って感じでした。

語彙力が無い!

 

 

 

振り返ってみたらセレクトした作品、推しがででるのステフェスだけですねわらう(暁はほぼ居たようなもんだけどノーカンで)

 

 

以上!今年もがんばっていきましょ-!

まずはヘタライ全通決まったのでホっと。

ステフェス除けば今年の初観劇まだなんですが、1月ラストの週に5回現場があるのでそれ目指して。

無理無理つらい

愚痴です。乱文。

 

ネガティブな記事なのでせめても検索に引っかからないように、何が誰がとは言わないんですが、ついに来たかBLCD出演。

 

つらーーーーい

 

無理。推しさんが無理になるとかじゃなくて、私がそのCDだけを個人的に受け付けられないだけです。面倒くさいこと考えてる私が無理。スルーもしきれないし両手あげて万歳で受け入れられもしない。せめてスルースキルがほしかった。

 

BLね。BL。そういった文章を読めないことはないです。絵もまあ超特殊趣向とかじゃなければみれます。

でも!!!!!音声は!聞いたことないんです!!!!!

そもそもそういったジャンルに手を出したことがある理由は、2次元の推しがでているものならば2次創作だろうがなんだろうがこの目に納めたかったからです。びーえる自体がすきなんじゃなくて、あくまでも推しキャラが好きで。

なんだろう、フェイトとかの男女主従こじらせていわゆるノーマルカップリングに手を出してしまったり、デレマスの推しが周りに愛されて欲しくて百合創作物に手を出してしまえるような人間なんです。

 

推しさんがでているものを、買わないとは何事だ・・・って感じなんですが買っても聴けなさそうなので迷うけどでも仕事応援したいから売り上げにちょっとでも・・・でも無理聴けない・・・と発表日から延々ループしてます。

 

は~~~~もう無理~~~~めんどくさいおたくの私が無理~~~~推しさんの演技は好き~~~~

 

しかもシチュエーション?がね。そこでくるかってね。まじか。

なんか色々各方面何考えているんでしょうね。

 

 

あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ つら。

 

 

めさぷれ(メサいプレイリスト)

 

私のような者が書いていいのかわかりませんが!!!1曲だけでもどうしてもメサイア好きな方に聞いて欲しくて!!!!!!書きました!!!!

メサイア一応すべてDVDor映画館or劇場で見ているのですが、台詞や考察の記憶は曖昧なので違うところあるかもしれません。

 ブログどうやって書いてたか忘れてて、口調乱れてます・・・!

 

さて本題。

qvq.hateblo.jpこちらの記事を拝見したので!!!!!

 

 

ラインナップ

  1. Luminous rage -feryquitous orderbless remix-
  2. Be
  3. サクラメイキュウ
  4. Cage
  5. 嘘憑きとサルヴァドール
  6. RPG
  7. Neon Sign

少ないし今までバンドにはまったことがないので結構2次元おたくに選曲が寄っていますが・・・

 

 

1.Luminous rage -feryquitous orderbless remix-

マジで絶対聞いて欲しい 私の勘違いかもしれないけど めちゃめちゃあっってて

Luminous Rage

Luminous Rage

  • Endorfin
  • IDM/Experimental
  • USD 0.99

 推しが演じる推しキャラ悠里准斗くんのキャラソンか!?!?!ってレベルです。

思い込みの激しいおたくなので「???」ってなったらすみません。

 

フル歌詞が非公式サイトっぽいところしか無くて見つからないんですけど・・・

Songtext von Endorfin. - Luminous Rage Lyrics

こちらよりお借りして。 

 水面に落ちた世界は
両手を零れ落ちてく宿命
籠に囚われたまま
繰り返す日々に終止符を
Are you ready to fight?

↑①水面から始まる時点でもう・・・(語彙力)キーワードがやばくないですか。

「籠、繰り返す日々(引きこもってた部屋と日々)」「Are you ready to fight?(紫微の神北代理が来るシーン)」

共鳴した運命がこの場所へ導いてくれた
この手に舞い降りた夢 現実へと変わってゆく
不明瞭な輪郭を確かめるように君の手を握った
Don't be afraid

↑②場所は「チャーチ」と考えると妄想がはかどります。

ここの夢は「護を守るよ」で「君」は白崎、「不明瞭な輪郭」春斗のホログラムとかどうでしょう

微熱を帯びた回路は 瞳に映る指標を狂わす
「何が正しい?」なんてこの胸にいくら問いかけても
I can't find out

↑③回路とかもう暁の展開が。ここは個人的には翡翠~鋼ぐらいのイメージです。

めっちゃたまごというか悠里って白崎のことを考えるあまり間宮やら有賀やらに色々迷惑かけすぎでは・・・?そこもいいんだけどね。こころひろいよね。 

踏み出す意思を拒む感情なら要らない
心疼く傷の痛みも越えて強さに変えてく
譲れないこの感情に身を委ね辿り着いたThis place
それでもまだ終われない 現実へと溺れてゆく
この手で拓いてきた選択に嘘は吐けない
だから行くんだ果てるまで

↑④暁前~の 白崎を あの 守るために 選択をする・・・

「現実」って言葉から結構「電子の海」とかをイメージするタイプ(なんだそれは)なのでそこも辛い

果てるまで 行くんです よ・・・

 

そしてラストサビでうわぁぁぁぁってなって終わりです。改めて書いてて思い込み激しい(二度目)とてもいい曲なのであいちゅーんずで買ってずっと聞いてます。

この曲の布教、一回twitterでもつぶやいてたんですが身バレ防止のため今削除してきました!!!!万が一ふぁぼくれた人いたらありがとうございました!!!

 

 

2.Be

Be

Be

  • Song Riders
  • J-Pop
  • ¥250

Be - Song Riders - 歌詞&動画視聴 : 歌ネット動画プラス

しょっぱなから推しソングを載せてしまったんですがこちらは全サクラ/サクラ候補生に当てはまるところが・・・

「生きる」ことに縋ってチャーチへ来る彼らの、希望を知る前の歌、的な。

死んで、蘇生されて、選択肢は「サクラとして生きる」か「もう一度死ぬ」かの二択を迫られてる感じの歌です。この二択ってひどくないですか?(好き)

個人的にたまご組(生きてる間に選べた)や、加々美あたりは置いておいても、小太郎あたりの「一般人」っぽく生きてきた人が死んで蘇生されて、すぐに適応して人を殺してるのゾッとします。

 

 

3.サクラメイキュウ

サクラメイキュウ

サクラメイキュウ

あなたの声が私を引き戻す
崩れる足もとに桜が舞い散る
飲み込まれそうな迷宮を切り裂いて
わたしの力(熱)を感じていて

例え全てが夢に消えるとしても
あなたを信じて超えてゆきたいの
目の前を塞ぐ迷宮を切り裂いて
とまらないわたしの力(熱)を感じていて

 Fateの某ゲームの主題歌です。Fateもバディもの(?)だからとってもリンクするところが多くて。

「サクラ」をテーマにしたゲーム作品だったので。こちらは全サクラ/サクラ候補生の「メサイア」との関係性の曲だと思ってます・・・

 

 

4.Cage

※ボカロ曲なので苦手な方はご注意ください

【GUMI & 初音ミク】 Cage 【オリジナル曲PV付】 by kk2 VOCALOID/動画 - ニコニコ動画

Cage/kk2 - 初音ミク Wiki - アットウィキ

記憶覆う暗闇へと
溶けて沿えれば
泣いた意味に鳴いた鳥に
気づけるでしょう

「助けて」と僕の手を掴む
傷だらけの君の手は
絞り出した言葉より
震えていた

守りたいから戦う
矛盾の盾 翳し続けた
君を傷つける全てを
この手で壊せたら

青い鳥が 空高く羽ばたくなら
打ち堕としても
君の抱える鳥籠に
連れて帰りたかった

1番が「ああ~~~っ」って言う感じです。お気づきでしょうか、これは個人的には紫微の白崎のイメージソングです。(言うてここまでひどいことしてない)

ぴったり!!!ってところまでは行かないんですが、白崎の心境にすごく近いかなと思ったので。

 

 

5.嘘憑きとサルヴァドール

嘘憑きとサルヴァドール - 小南泰葉 - 歌詞 : 歌ネット

もう疲れたんだ 僕と嘘憑きを両立させるのは 『最大の敵は自分自身です。』って先生 それ 己を倒し殺せという事でしょうか?
Read more at: http://lyrics.jetmute.com/viewlyrics.php?id=2379910

間宮です。

「最大の敵は自分自身です」って 先生

それ己を 倒し殺せということでしょうか?

ここが あのワールドリフォーミングで自分自身が 過去の自分の敵とも言える存在になってしまった間宮の心境に重なってしまって。

あとは一番ラストの歌詞が

指切りげんまん 嘘憑いた 僕に針飲まそう 指きった

で終わるところが鋼のラスト「僕を殺してくれ」に・・・(語彙力死亡)

 

 

6.RPG

RPG

RPG

RPG school food punishment - 歌詞タイム

超直感で加々美。「ゲーム」だと思ってるところと、つまんなかった世界で有賀に出会ったことと、あと明るい感じ。

「おじさん」を殺す、ということと「世界中を欺いてもいい」がリンクするかも。

悠久をかみ砕けてないおたくなのでまたDVD出たら探したいな。

 

 

7.Neon Sign

Neon Sign

Neon Sign

  • 米津玄師
  • J-Pop
  • ¥250

Musixmatch - The world's largest lyrics catalog

バイバイこんな日もこれで最後だ どうかこれ以上何も言うな

あんな指切りはしたくなかったよ それは僕だけかもしらんが

このまま行こう あの日の思いを 引きずりながらそれでも行こう

 

バイバイいつの日かまた出会おうぜ いつになるのかは知らないけど

どうでもいいことを取り決めて今 別れのそばで笑いあった

このまま行こう あの日の思いを 引きずりながらそれでも行こう

来世の向こう 生まれ変わって 出会えるときはよろしく願う

おたく大好き(?)米津さん~~~ ボカロオタだったこともあるのでウン年ファンです。

有賀。間宮とおなじく、鋼ラストシーンの心情に近いかなと・・・個人的に思って・・・

コンビの曲かな~とも思いましたが、あくまでも「生きていく」のは有賀だなと。

前半に「バベルの塔」とか「遠い思い出の中で笑い合って」などもあるのでハングドマンとの過去にも重なるので余計有賀の曲だなって思ってます。

 

 

3000文字超えてて笑った。メサイア、いいですよね。

これから私は駆け込みでスレイジー見てきます。配信されてるってしらんかった・・・!

 

長いことブログ書いてませんでしたがあんステとかマスミラとか書きたいこといっぱいです!!!!!時間くれ!!!!!!

 

う疲れたんだ 僕と嘘憑きを両立させるのは 『最大の敵は自分自身です。』って先生 それ 己を倒し殺せという事でしょうか?
Read more at: http://lyrics.jetmute.com/viewlyrics.php?id=2379910

色々考えたこと/これから

 

終わりましたね。あれだけうじうじ悩んでたのに大楽のキャラソンでの死ぬほどすてきな笑顔を観て更に好きになれました。

 

あ!先に申し上げておきます。昨日の記事にコメントありがとうございました・・・!まさか頂けるとは思っていなかったので、本当に励みになりました。

ほかのブログでコメント公開されているのをあまりみないので、承認してしまってよいのか悩んでそのままにしてありますが・・・本当にありがとうございました。次の記事も見てくださるとのことだったので、ここで届いていることを祈って・・・

 

 

さて。大千秋楽明けまして、同担さんのエントリに星を打ちまくったり(すみません・・・)ハイネの他の役者さんを推されてる方のエントリみたりしてました。BGMはずっとニコ生。視聴1回きりってあるけどあれどういうタイミングで切れるんだろう・・・実況者のおたくしてるときに色々やってたはずなんですけど忘れてます・・・

冒頭にも書いたとおり、大千秋楽とってもすてきでした。すてきで好きでした。東京の初日~東京楽でもだいぶ色々変化して行っていた作品ですが、大千秋楽は本当に本当に1番好きな回でした。

具体例はまた若手俳優グループに舞台感想としてあげようと思います。

 

 

相変わらず推しさんのtwitterは更新無くて、よく同担さんが(もちろん軽くですが)お怒りになられているのを見るんですが、私は推しさんに不満が出ないタイプなので特にそれについては何も思っていません。私的には、役者さんなので板の上でひどいやらかしが無ければほかは特に・・・

 

ハイネの舞台では推しさんめちゃめちゃ笑顔が多かった気がしてすてきだったんですけど、これは役のキャラクタの差なんでしょうか。とにかく、締めが笑顔のレオンハルトキャラソンで幸せでした。

これから、舞台の予定がなくて、寂しくないのか、悲しくないのかと言ったらたぶん嘘になります。でも板の上に立っていて欲しいという願いは、私という1ファンの勝手な願いで、しかもド新規ゆるおたのわたしが言えることではないんですよね。

 

だから、推しさんのカテコの言葉を(勝手に自分へ都合のよい解釈をさせて)頂きまして、「舞台俳優」である推しさんの1ファンである私の応援は、一旦このように締めようと思いました。

 

 

また、お会いできる日を楽しみにしています。

また、板の上の素敵なあなたを観られるのを楽しみにしております。

 

(声優イベ行って心折れてたらそのときは「推し事」カテゴリでどうぞよろしくお願いいたします!!!!!!!!まあまだヘタライあるし!!!!!!別に役者やめるって言われてないし!!!!!)

 

 

 

 

 

ここから本当に自分語りで蛇足です。

 

 

 

私が自分をゆるおたと称する理由、私の記事をある程度見るとわかるのですが、ハイネの大千秋楽どころか大阪も行けてません。

なんでか。

私、推し事を始める際に(これからの公演は行けるだけ行く!と思ったときに)決めたことがありまして。

 

①(大学生なので)学業面に絶対傷をつけない。

②リボ払いなど、クレカ一括払い以外の借金をしない。

推しさんにネガティブなことを言わない。(手紙にも書かない)

 

②はまあこの際置いておいて、今回のメインは①です。

私の「公演期間なのに会場にいない日」は基本的に①に該当するときです。今回の大阪公演もそうで、高額の学費が自分持ちでない以上、親に言われたわけではないですがこれだけは絶対でした。

「行けないけど応援してます」っていう、役者さんへのリプライを見るのが嫌だったので、もちろんお手紙にも「これが私の最後のハイネです><目に焼き付けます><」なども書かないように意識したし(手紙を書くときに何も考えていない人間なのでうっかり書きそうになる)、「私行けないんですよ~」っておたく同士で話している際に言うのも避けてました。っていうかどれだけ入るとかはよくないことの元にになるからやめるべきだとわかりました。

 

いいわけじみてますが、そんな状況だったのでたぶんここ1週間不安定だったんだと思います。お金は準備して手元にあるのに行けない状況って、死ぬほど苦しかったです。

さすがに自分の精神によくない応援の仕方をしていると思ったので、転換のいいタイミングだし推し方について考えようと思いました。

 

以上です。ここ最近のこんな記事でも見てくださる方がいてくださって大変うれしいです。ありがとうございます。

 

 

今日はずっと来ないで欲しかった

 

ハイネ大千秋楽日です。推しさんの舞台、最後の日です。ずっとこないでほしかった。

ここ最近なんだか落ち着かなくて、自分のブログひたすら読み返したりしてました。

もちろん若俳グループなどの皆様のブログは読んでいるんですけどあまりにも落ち着かなくて深夜に読むもの無くなって読んでるっていう。

 

 まあ、そんな風に読み返してたら

(PV稼ぎかー!?!!?!?でもタイトルだけでもわかりやすくなるので容赦なく自リンク貼りまーす!!!!!)

rikajd.hatenablog.comこれが

rikajd.hatenablog.comこうなって

rikajd.hatenablog.comこうなるの

 

なんだか面白かったです。確実にめんどくさいオタクへ進化してる気がする。もっとハッピ〜〜〜!に生きたい!

 

1個目のブログで「手紙だけで出さない、プレだすときに付ける」とか書いてるのに今や手紙のみでマチソワそれぞれ出してるよ〜〜相変わらず直前で書く意欲湧かないけど。

このとき同担拒否でないです!って書いてあるけど今私消極的同担拒否(このことについても書きたい…わかる!!!としか言えなかった)だよ。

 

2個目のブログで書いた「どうにかチケット取って行く」、1件取れてないチケットあるの弱すぎ。ほんと弱すぎ。死ぬ気で行けよ…もうどうしようもないんだけどね…とりあえず「ハイネ」シリーズが終わるまでは寿命伸びてるから安心してください…たぶん…とりあえずハイタッチだけはしにいく…

 

とまあ色々思ってました。まとまらないブログすぎるね!?

 

もうあと数時間も経たないうちに、終わってしまうのが怖くて仕方ないです。誰か助けてください。誰か舞台の仕事情報をください。それかヘタライのチケットください。

 

推しさんのことほんとに何もわからないです。声優をやりたいってことはわかるんだけど、今までのあの板の上のきらきらを、私は捨てきれない、忘れられないんです。

大千秋楽終わった後に死ぬほど病んだブログあげてたらごめんなさい。吐き出せる友達がほしいです。少ない友達はいま推し現場中でそれどころではない。壁打ちLINEするけど。

 

アッコメント承認制にしてるので慰めのコメント/同厨さんの今の心情など待っております、、、言うだけタダ、、、はてブロ用Twitterアカウント作ろうかな、、、

 

 

ブログを見返してて思いついた、次の目標。

推しの今後ある声優イベントにいつかお花だそう。(言うだけタダ)声優イベって結構お花出せるでしょ(偏見)たぶん。

私の踏ん切りと、ほんとうに切り替わるときにおめでとうの気持ちを込めて。出せる時がきたらいいな。いや、出します。